EKOIのサマーバーゲン開始 : 年のイベントです! 60日以内返品無料

Fumiyuki BEPPU(別府史之)

別府史之(べっぷ ふみゆき)は、1983年4月10日生まれ、茅ヶ崎市出身の日本のロードレース選手トで、2005年にプロ契約、現在は World Tour EF Education NIPPO チームのメンバー。 2006年、2011年、2014年には全日本選手権個人タイムトライアル チャンピオン、2008年にはアジア選手権ロードレースチャンピオンに輝きました。 2009年には新城幸也と共にツール・ド・フランス参加。日本人初のツール・ド・フランス完走を果たしています。 これまでのキャリアで6回のグランツール(ツール1回、ジロ4回、ブエルタ1回)に出場したほか、世界選手権8回、オリンピックにも2回出場。 別府史之は、サイクリスト一家の生まれです。 元サイクリストで長兄の始は、日本の自転車レースの解説者。 次兄の匠は2000年から2010年までの10年間プロとして活躍した後、日本のコンチネンタルチーム愛三工業レーシング1チームの監督に就任した。 フミはその非凡な経歴からもまさに日本の伝説と言える存在です。 2001年、アジア・ジュニア選手権ロード チャンピオン(19歳以下)に。 2002年から2004年までフランスのVC La Pomme Marseilleで経験を積んだ後、2005年にアメリカのディスカバリーチャンネルチームでプロに転向。 2006年、全日本選手権ロードレースとタイムトライアルの種目で優勝。 2007年、パリ~ルーベに日本人として初めて出場。 2008年、アジア選手権優勝。 北京五輪ではロードレースに出場し、タイムトライアルでは38位。 2009年のツール・ド・フランスでは、別府史之が112位、新城幸也が129位と、日本人初の完走を果たしています。2 別府が最終ステージで敢闘賞を受賞。 2010年2月、RadioShackチームに入団。3 また、オーストラリアのジーロングで開催された世界選手権では30位に入賞。 2011年にはジロ・デ・イタリアに初出場し、第1ステージのチーム・タイムトライアルでRadioShack チームが2位に入賞しています。 6月12日には全日本選手権タイムトライアルで優勝し、続いて6月26日には全日本選手権ロードレースで新城幸也選手の前に立ちはだかって苦しいレースを制した。 8月のグランプリ・ドゥ・プルエーでは8位。 2012年、オーストラリアの新チーム GreenEDGE(翌年にOrica-GreenEDGEと名称変更) と契約を結ぶ。 シーズン中、ジロ・デ・イタリアに出場し、ロンドン五輪には日本代表として出場した。 ロードレースでは22位、タイムトライアルでは24位。 2014年はアメリカのチーム、Trek Factory Racing 4から参戦し、3度目のジロ・デ・イタリアに出場。さらに全日本選手権のタイムトライアルで優勝。 韓国・仁川で開催されたアジア競技大会に日本代表として出場。 タイムトライアルで4位入賞。 2018年のアジア競技大会では、ロードレースで銀メダル、タイムトライアルで銅メダルという好成績を収めた。 同年のアジア選手権では、団体タイムトライアルで金メダルを獲得し、ロードレースで2位、個人タイムトライアルで4位となった。6 2020年には、欧州デビューを果たしたVélo-Club La Pomme Marseille に続くフランスのチーム Nippo Delko One Provence への所属が決定している。 EKOI とフミは2020年、彼の個性とEKOI のノウハウをミックスし、日本文化にインスパイアされたサイクルウェア「FUMY Limited」を共同で発表します。

ニュースレター

私たちのチームやアスリートのニュースだけでなく、最新のニュースを受け取るためにぜひ購読してください。

メールアドレスが間違っています。 ご確認ください。
エラーが発生しました。
このメールアドレスは既に存在します。
登録が完了しました。
EKOI CLASSIC でショッピングを続ける EKOI RACINGでお買い物を続ける