エリア・ヴィヴィアーニ 世界チャンピオン
EKOI AR15とサングラス EKOI PREMIUM80を着用
転倒センサー EKOI by TOCSEN
もう一人では走らない!
EKOI E-LENS EVO BY SHADETRONIC®
LE VERRE PHOTOCHROMIQUE LE PLUS RAPIDE DU MONDE
プロが着用しているモデル
ロット・スーダル、アルケア・サムシック、コフィディスの3チーム
新着
EKOI GARA
EKOI AR14
EKOI TWENTY
EKOI PREMIUM 90
Les lunettes EKOI PREMIUM 70
Performantes sur tous les terrains : route Vtt triathlon
SPORT OPTICAL
#EKOIRACING

パフォーマンスのために設計された製品 貴重なコラボレーションをしてくれた素晴らしいチームに感謝しています。 LOTTO SOUDAL (Ekoï ヘルメットとメガネ), ARKEA SAMSIC (Ekoïヘルメットとテクスタイル), COFIDIS(Ekoï ヘルメットとメガネ), QHUBEKA ASSOS(Ekoïヘルメット), EUSKALTEL EUSKADI (Ekoï ヘルメットとメガネ), ST MICHEL AUBER93 (Ekoïヘルメットとテクスタイル), KMC ORBEA(Ekoïテクスタイル、ヘルエットとメガネ), Eliott LAPOTREは、世界中のスポットを訪れて弊社製品をテストし、そのビデオをコミュニティで共有している異色のプロ・フリーライダーです。また、アイアンマン世界選手権で2度の優勝を果たしたPATRICK LANGE (Ekoïヘルメットとメガネ) や、その他220人以上のプロのコミュニティを代表するワールドクラスのトライアスロン選手も忘れてはなりません ... EKOIは、ロードレース、トライアスロン、マウンテンバイクのいずれにおいても、最高レベルのスポンサーシップを提供しているブランドの一つです。 イメージだけの問題ではありません。 プロのアスリートたちが、弊社がお客様に提供する新製品の研究開発に貢献しています。 世界のスポーツエリートに装備を提供するために、EKOIは研究と革新に投資し、最高の素材と、広く認知されたノウハウを持つ下請け業者を選択しています。 レースやシーズン初めのトレーニングセッションでは、弊社のプロダクト・マネージャーが現場からのフィードバックを得るために立ち会っています。 弊社のロードレース、トライアスロン、マウンテンバイクのスポンサー・マネージャーは、選手の肯定的、あるいは否定的な発言をリアルタイムで追いかけます。 エンジニアとデザイナーが手を取り合って、選手たちの要望に応えています。 EKOIでは、誰もが製品の絶え間ない進化に気を配り、完璧を目指しています。 Ekoï Racingのウェブサイトに掲載されているすべての製品は、それを着用しているプロを満足させることを唯一の目的として、妥協することなく作られています。 彼らは、レースでのパフォーマンスだけでなく、日々のトレーニングも必要としています。

ニュース

Alan Riou remporte la Classic 44

Avec casque et textile Ekoï

Alan Riou a remporté sa première victoire chez les professionnels, en gagnant la Classic 44 ! Alan Riou « C’est une délivrance ! Je sais que je suis en forme depuis deux mois et je savais que j’étais proche de la victoire, ça fait vraiment du bien de concrétiser. C’est ma première victoire chez les professionnels. J’avais été déçu après ma deuxième place au Tour de Bretagne, mais aujourd’hui le plan a marché et je suis très heureux. Dans le sprint, je savais que le dernier kilomètre amenait de la vitesse. Je sais que je suis rapide au sprint et dans un petit groupe j’ai souvent mes chances. Quand Godon a lancé son effort à droite, j’ai donné tout ce que je pouvais de mon côté et ça a marché. Je suis heureux que l’équipe m’ait fait confiance. On a de grands leaders à Arkéa-Samsic, quand il faut bosser pour eux je le fais à 100% et aujourd’hui c’était mon tour. Ça prouve que je peux aussi réussir quand on me donne ma chance. C’est génial de concrétiser. Ca m’avait manqué de recevoir autant de notifications sur mon portable après la course (rires). » Yvon Ledanois « C’est super, cette victoire d’Alan fait vraiment plaisir. C’était une course marquée par des conditions météorologiques compliquées. Anthony Delaplace a joué un rôle prépondérant tactiquement puisque qu’avec Alan, ils étaient deux à l’avant dans un groupe très réduit. Avec la pointe de vitesse qu’Alan a, il fallait croire en ses chances. Il a joué parfaitement. Je suis content qu’Alan gagne car la majorité du temps il est équipier et aujourd’hui il a joué sa carte et a su gagner : c’est super. Malgré les condit...

世界選手権(ヴァル・ディ・ソーレ)でビクター・コレツキー選手が3位入賞

ヘルメット、メガネ、Ekoïのテキスタイル付き

ビクター・コレツキー:「今年は素晴らしい年になった」。 「他のレースでは、スタート時の位置取りが重要であることがわかっていたので、良いスタートを切ることができました。赤字になるのが怖くてスイス人ライダー2人を逃がしてしまったが、レース終盤になってもまだリソースが残っていたので、うまくいったと思う。自分の努力をうまくコントロールできたと思います。残り1周半で)シンクに戻ってきたときには、長くは付き合えなかった。サーキットのテクニカルな部分で彼を攻撃したが、彼はついてこなかった。 この3位のおかげで、レースに勝つチャンスを得ることができました。 この3位という結果は、私の今シーズンにさらなる安心感を与えてくれました。5位になるために大会に出るのではなく、メダルを獲得するために大会に出たいと思っていたとしても、私は素晴らしい1年を過ごしています。今年は素晴らしい年になりました。ゲームに行って5位になるのではなく、メダルを獲得したいと思っていました。 それが今日になって実現したのですから、私が大きなイベントで頼りになることがわかります。ジュニア、U23カテゴリーに続き、エリートカテゴリーでの初出場となるので、特別な思いがあります。

Lotto Soudal à La Vuelta

Avec casques et lunettes Ekoï

Voici les huit coureurs de Lotto Soudal qui tenteront de remporter une victoire d’étape sur la 76ème édition du Tour d’Espagne: Steff Cras (25), Frederik Frison (29), Matthew Holmes (27), Andreas Kron (23), Sylvain Moniquet (23), Harm Vanhoucke (24), Maxim Van Gils (21) et Florian Vermeersch (22). Kron, Moniquet, Van Gils et Vermeersch y effectueront leurs premiers tours de roues dans un grand tour. La Vuelta s’élancera avec un prologue dans les rues de Burgos ce samedi 14 août et s’achèvera trois semaines plus tard à Saint-Jacques de Compostelle avec un contre-la-montre individuel. Le directeur sportif Nikolas Maes nous détaille la sélection de Lotto Soudal pour le dernier grand tour de la saison. « Avec les absences de Caleb Ewan et de Jasper De Buyst, nous avons dû modifier notre sélection pour le Tour d’Espagne. L’équipe est davantage tournée vers la montagne », commence Nikolas Maes. « Des garçons comme Andreas Kron et Harm Vanhoucke ont souvent montré qu’ils étaient capables de belles choses quand la route s’élève. Ils seront soutenus par Steff Cras, Matthew Holmes, Sylvain Moniquet et Maxim Van Gils. Avec Frederik Frison et Florian Vermeersch, notre équipe pourra également compter sur deux solides coureurs. Notre sélection ne jouit pas d’une grande expérience sur les grands tours, mais ce sont tous des coureurs à haut potentiel. Je suis persuadé que chacun d’entre eux aura l’occasion de se montrer lors de cette Vuelta. C’est un jeune groupe et les coureurs ne pourront certainement pas être aux avant-postes tous les jours, mais je crois que notre objectif de remporter une étape est tout à fait réalisabl...

Team Qhubeka NextHash à La Vuelta

Avec Casques Ekoï

L'équipe Qhubeka NextHash a sélectionné son équipe pour le dernier grand tour de la saison, La Vuelta a Espana. Le grand tour espagnol partira le samedi 14 août, de Padron, et couvrira plus de 3400 km avant de se terminer à Santiago de Compostelle, le dimanche 5 septembre. L'équipe Qhubeka NextHash a subi un coup dur la semaine dernière lorsque le leader prévu de la Vuelta a Espana, Domenico Pozzovivo, a chuté à la Vuelta a Burgos et s'est fracturé le genou. Emil Vinjebo a également chuté lors de la même course et s'est fracturé la clavicule, ce qui a obligé l'équipe à effectuer deux remplacements tardifs dans le cadre de la Vuelta. Fabio Aru et Sergio Henao se partageront désormais la responsabilité de mener l'équipe Qhubeka NextHash à la Vuelta a Espana. Aru a montré un impressionnant retour en forme ces dernières semaines, et en tant que précédent vainqueur de la Vuelta a Espana, Qhubeka est fiers de voir le Sarde diriger l'équipe à La Vuelta. Henao fait son retour à la compétition après une excellente performance au Tour de France cette année, où il a infiltré de nombreuses échappées dans les étapes de montagne et était prêt à entrer dans le top 20 du classement général avant de se fracturer le bras dans une chute, ce qui a ralenti le grimpeur colombien qui a terminé la course à Paris. Avec Aru et Henao qui visent les étapes de montagne, Reinardt Janse van Rensburg sera l'homme pour les étapes de sprint. Avec trois places dans le top 10 des sprints lors de l'édition de l'année dernière, le Sud-Africain espère se rapprocher du sommet de la feuille de résultats avec de nombreuses opportunités de sprint lors de ce...

エウスカルテル・エウスカディがブエルタ出場

Ekoïのヘルメットとサングラスを着用して

チームエウスカルテル・エウスカディは、大きな期待とステージ優勝を目指してブエルタ・ア・エスパーニャに戻ってきました。バスクチームは、ホルヘ・アザンザをマネージャーに、ベテランと若さが混ざり合い、確かな実力を持つ8人のライダー(ミケル・ビズカラ、ジョアン・ボウ、ミケル・イトゥリア、ゴッツォン・マルティン、ルイス・アンヘル・マテ、アントニオ・ソト、ハビエル・ミケル・アスパーレン、ファン・ホセ・ロバト)で構成されています。 チームは、毎日少なくとも1つの勝利のため戦う意欲を持った8人のレーサーとともにグランツールに戻ってきました。2019年のブエルタでウルダックスのステージを制したビズカラとイトゥリアの2人は確実、今回が10回目の参加となるマテとロバトは、レース内外での経験を生かします。デビューするのは、ボウ、ゴッツォン・マルティン、ソト、アスパレンの4人。マテとアスパレンの間には15歳の差がありますが、多様性を持ちながらも、非常にまとまりのある一体感のあるブロックであることを証明しています。実際、ビズカラ、ボウ、イテゥリア、ゴッツォン・マルティン、マテはすでに最近のブエルタ・ア・ブルゴスに参加しており、ソト、アスパレン、ロバとはノルウェーのアークティック・レースを経験しています。 オレンジ色の波が戻ってきた! 8人のサイクリストと技術・補助ス...

Cofidis à la vuelta

Avec casques et lunettes Ekoï

C’est désormais devenu une habitude : l’équipe Cofidis aime briller sur les routes de la Vuelta. Ces dernières années, David Moncoutié, Nicolas Edet, Jésus Herrada et Guillaume Martin l’ont démontré. Cette saison, avec Guillaume et Jésus comme leaders de l’effectif, la formation nordiste fera tout pour vivre de nouvelles émotions et de beaux succès sur les routes de la plus prestigieuse des courses espagnoles. Il s’agit d’une tradition, d’une histoire que les coureurs s’attachent, saison après saison, à enrichir. Sur les routes de la Vuelta, des cimes des Pyrénées jusqu’aux terres brûlées par le soleil d’Andalousie, l’équipe Cofidis a pris l’habitude de s’illustrer, de jouer les premiers rôles et de briller. L’an dernier, c’était Guillaume Martin qui remportait le maillot à pois de meilleur grimpeur. Une saison plus tôt, Jesús Herrada avait levé les bras et Nicolas Edet porté le maillot rouge de leader. Et tous se souviennent de l’aisance de David Moncoutié, meilleur grimpeur à quatre reprises et vainqueur de quatre étapes.   Guillaume Martin, un leader désireux de s’illustrer  Cette saison, la formation nordiste ne manquera pas d’arguments pour s'illustrer à la Vuelta. Guillaume Martin en sera le leader :  le grimpeur, meilleur Français du dernier Tour de France, saura utiliser toutes ses qualités pour briller dès que la route s’élèvera. Jesús Herrada, adepte des échappés au long court en haute montagne, sera également sur les rangs pour viser une victoire d’étape. À leur côté, ils pourront compter sur l’expérience de José Herrada (35 ans) et sur la fougue de Fernan...

ジャコモ・ニッツォーロがCircuito de Gextoで優勝

Ekoï AR14 ヘルメットと

「Circuito de Gexto - Memorial Hermanos Otxoa」では、ジャコモ・ニッツォーロ選手がスプリント勝負を制しました。2位はジョバンニ・アレオッティ(ボーラ・ハンスグローエ)、3位はサンティアゴ・ブイトラゴ(バーレーン・ヴィクトリアス)でした。 「Circuito de Gexto UCI 1.1」は、ビルバオとゲキストの間の丘陵地帯を6周した後、最後の難関であるパイクビデアを含む広い最終周回コースを走る、総距離194kmのレースです。 Qhubeka NextHashチームは、昨年の準優勝者であるジャコモ・ニッツォーロ選手と一緒に表彰台の最上段を目指していたため、南アフリカのUCIワールドツアーチームは、レース中、ヨーロッパのチャンピオンの後ろに控えていました。 Qhubeka NextHashチームは、昨年の準優勝者であるジャコモ・ニッツォーロ選手と一緒に表彰台の最上段を目指しました。 レースは非常に早いスタートで、多くのアタックが行われ、ハイペースで進んだため、逃げ集団が大きな差をつけるまでに90km近くかかってしまいました。11人の強力なライダーが先頭でスタートし、Qhubeka NextHashチームをはじめ、Caja-Rural、Bora-Hansgroheが追撃を開始しました。 残り55km地点では、トップを取り戻さなければならないというプレッシャーがかかり、12人のライダーがトップを追う形で先頭が分かれてしまいました。Qhubeka NextHashチームでは、ニッツォーロとカルロス・バルベロの両名がそ...

ツアー・オブ・ベルギーでケイレブ・ユアンが2連覇を達成

Ekoï AR14 HelmetとEkoï Premium 80 Gogglesとの組み合わせ。

Scherpenheuvel-Zichemでの勝利の後、Caleb Ewanは再びツアー・オブ・ベルギーを制覇しました。ハモワール地方で行われたクイーンステージは、予想に反してスプリント勝負となった。ロット・ソウダルの完璧なリードアウトの後、最後の直線では無敵の走りを見せ、ブライアン・コカールとダヴィデ・バレリーニに数馬身の差をつけてステージを制した。また、ツアー・オブ・ベルギーのリーダーであるレムコ・エベンポエルが着用していたポイント賞のジャージもユアンが獲得しました。 「正直なところ、今日は優勝を狙ってプレーできるとは思っていませんでした」とケイレブ・ユアンが語り始めた。「一般のライダーがチャンスをつかみ、あちこちでアタックが行われると思っていましたが、そうではありませんでした。ステージ全体を通してテンポが高く、多くのライダーが決勝で何かをしようとする脚力がありませんでした。信じられるようになったのは、最終ラップの初めの方だった。まだ調子が良かったので、そのカードを使うことにしました。だからこそ、集団の先頭に立って、序盤の逃げをコントロールしたのです。チームメイトの頑張りに報いることができて、本当に嬉しいです」 。 ムル・ド・ホイの上りを含む1周目の後、ハモワール地区の30kmのサーキットを2周した後、選手たちを待っていました。ハイテンポで丘陵の多いコースは、ペ...

アンドレアス・クロンがツール・ド・スイスの第6ステージで優勝

Ekoï GaraのヘルメットとEkoï Premium 80のメガネで

ツール・ド・スイスの第6ステージは、元世界チャンピオンのルイ・コスタがイレギュラーなスプリントで格下げされたため、アンドレアス・クロンに軍配が上がった。コスタは1位でゴールしたが、クロンはすぐに抗議し、コスタが自分のラインを逸脱したためにスプリント勝負ができなかったと判断した。フィニッシュを見た後、審査員は最終的にロット・スーダルの選手に勝利を与えました。 審査員はこの結果に満足していません。 「フィニッシュ時のトラックでの映像も見ましたが、陪審員は正しい判断を下したと思います」とアンドレアス・クロン氏は語り始めた。「スプリントは、右からスタートして、左からゴールしました。誰もが自分が一番強いと思っていた、それが普通だ。通常のスプリントであれば、同点に追いつくことが可能だった。最終的には、私が勝者とされ、私は審査員を信頼しています。とても嬉しいですね」。 アンドレアス・クロン選手は、ワールドツアーでの2回目の優勝となりました。 今回の優勝は、彼にとって初めてのシーズンで2度目のワールドツアー優勝となります。 「これは素晴らしい。年の始まりですね。シーズン初めにそう言われても、おそらく信じられなかったでしょう。ヒルスキとポガチャールも98年生まれですから、私は98年生まれで、とても良い年だったようです。私は彼らについていかなければな...

ケイレブ・イワンがツアー・オブ・ベルギーでプロとして50回目の優勝を果たす

Ekoï AR14 HelmetとEkoï Premium 80 Gogglesとの組み合わせ。

ツアー・オブ・ベルギー第3ステージでは、Lotto Soudalの模範的なチームワークにより、Caleb Ewanがスプリント勝負を制しました。シェルペンヒューベル・ジケムのやや上り坂のフィニッシュで、ユアンはチームメイトの素晴らしいリードアウトを受けて、堂々と勝利を収めた。26歳のオーストラリア人選手は、パスカル・アッカーマン選手とマイケル・モルフ選手を抑え、プロとして50回目の優勝を果たしました。 「今日、チームメイトが見せてくれたことにとても感銘を受けました」とケイレブ・イワンが語り始めた。「最後のバンプの前に完璧なポジションを取ってくれて、いつも一緒にいられた。決勝では、トップで走り続け、誰も巻き込むことができませんでした。しかし、最後の数キロは向かい風で簡単ではありませんでした」。 ロット・スーダルをはじめとするスプリンターチームは、ステージのスタートからレースの主導権を握りました。序盤に逃げた5人のライダーは、ペロトンを大きく引き離すことができず、残り数キロのところで捕まってしまった。Scherpenheuvel-Zichemでのやや上り坂のフィニッシュ、チームメイトの模範的なリードアウト、これがカレブ・ユアンにとって必要なことだった。最後の直線で鋭い加速を見せ、チームメイトの仕事を完璧に締めくくった。 Caleb Ewan 「このような強くてスマートなチームメイトがいることは幸運だ...

Brent Van Moerがクリテリウム・デュ・ドーフィネの第1ステージで優勝

Ekoï GaraのヘルメットとEkoï Premium 70のメガネで

Brent Van Moer氏は、クリテリウム・デュ・ドーフィネの第1ステージでかなりのショーを見せてくれました。23歳のベルギー人ライダーは、最初の数キロで他の3人のライダーと一緒に抜け出し、残り15キロで単独で走り出しました。その後、ロット・ソウダルの選手は、ペロトンの復帰に抵抗し、単独でレースを制した。これがヴァンモーアのプロとしての初勝利であり、見事に勝利を収めたのです。また、クリテリウム・デュ・ドーフィネでは最初のリーダージャージを獲得しました。また、ブレント・ファン・モア選手は、山岳賞、ポイント賞、ベストヤングライダー賞を受賞しました。 「自分でも信じられない。先週のロンデ・ファン・リンブルフでの出来事には本当にがっかりしました。しかし、次の日にはすぐにこのイベントに焦点を戻し、自分が最後までやり遂げたことを見せたいと思いました。このような大きな大会の最初のステージでそれを実現できたことは素晴らしいことです。去年は僕も逃げていたのに、クラッシュで棄権してしまったからね。このイエロージャージを着るのは本当に特別なことです」。 イゾワールでスタートすると、ブレント・ヴァンモア、ギャンパー、ゴーティエ、ガリソンの4人はすぐにアタックを開始。集団の先頭を走るスプリンターたちのペースに押されて、この4人組は大きなリードを得ることができなかった...

ギョーム・マルタンがメルカン・ツール・クラシック・アルプ・マリティームで優勝

ヘルメットEkoï AR14 とサングラスEkoï Twentyを着用 して

第1回メルカン・ツール・クラシック・アルプ・マリティームでは、ギョーム・マルタンが、チーム全員で最初から最後まで走りきって優勝しました。コフィディスでは初勝利、北部のチーム選手では今季6勝目となりました。 それは、誓い、献身、チームワークの意味を与える大きな感動となりました。今週月曜日の午後、ギョーム・マルタンがメルカン・ツール・クラシック・アルプ・マリティームの第1回大会でソロ優勝しました。コフィディスのチームリーダーは、優勝候補としてスタートし、1日を通してチームメイトのハードワークが幸運をもたらしました。 残り30km地点で、非常に好調だったアンソニー・ペレスが、他の選手と一緒にプロトンから抜け出すことに成功した。1分差になったところで、ギョーム・マルタンをはじめとする数人のライダーが反撃に出た。最後の登りでは、アンソニー・ペレスが素晴らしい走りをしてリーダーをサポートした。ノルマンディー出身のライダーは、残り6kmでアタックをかけ、その後は後続のライダーに捕まることはありませんでした。最終的には、オーレリアン・パレペントルと1分42秒差でゴール。アンソニー・ペレスは4位に終わりました。

ニュースレター

私たちのチームやアスリートのニュースだけでなく、最新のニュースを受け取るためにぜひ購読してください。

メールアドレスが間違っています。 ご確認ください
エラーが生成されます。
このメールアドレスは既に存在します
登録が完了しました。
EKOI CLASSIC でショッピングを続ける EKOI RACINGでお買い物を続ける