エリア・ヴィヴィアーニ

エリア・ヴィヴィアーニは、1989年2月7日生まれのイタリア人レーシングサイクリストです。コフィディスのチーム概要を知っていただいた上で、主要な選手について詳しく見ていきましょう。そこで今回は、イタリアのスプリンター、エリア・ヴィヴィアーニに焦点を当ててお届けします。  

エリア・ヴィヴィアーニは、1989年2月7日生まれのイタリア人レーシングサイクリストです。

コフィディスのチーム概要を知っていただいた上で、主要な選手について詳しく見ていきましょう。そこで今回は、イタリアのスプリンター、エリア・ヴィヴィアーニに焦点を当ててお届けします。

エリア・ヴィヴィアーニとは

ロードサイクリストとしてのエリア・ヴィヴィアーニは、スプリンターと言われています。また、トラックサイクリングも得意としています。

子供の頃、彼は世界で初めて金メダルを獲得した選手でした。

子供の頃、8歳で自転車を始め、すぐに様々なユースカテゴリーで優勝しました。

2006年にジュニアカテゴリーで、ロードレースと並行してトラックサイクリングを始めた。両種目ともにメダルの数が増えていきました。

2008年には23歳以下のカテゴリーで、マルキオール・エミスフェロ・リクイガスチームと契約し、両種目のレースに出場し続けましたが、2008年から2010年にかけては、主にトラックサイクリング(スクラッチ、アメリカン、パシュート)で金メダルを獲得しました。

彼のキャリアパス

2010年、アマチュアとしていくつかのレースに勝利した後、エリア・ヴィヴィアーニはイタリアのリクイガス・ドイモチームでプロに転向しました。ツアー・オブ・ターキーでは、初めてのプロレースでステージスプリントを制しました。

2011年には、ツアー・オブ・北京でリクイガス・キャノンデールチームからワールドツアー初優勝を果たした。

2015年、イタリアのスプリンターはスカイチームへの移籍を果たしました。この年、ジロ・デ・イタリアの第2ステージでの勝利により、グランツールでの初ステージを獲得した。この年、数々のロードレースでの勝利に加えて、ヨーロッパ・トラック・オムニウム・チャンピオンにも輝いた。翌年のリオ五輪では、同じカテゴリーで五輪タイトルを獲得します。

2017年、エリア・ヴィヴィアーニは、ロードサイクリストとしてのキャリアにのみ集中することを決めました。しかし、彼のチームは彼をどのグランドツアーにも選ばなかった。その後、スカイとの契約を終了することを決め、2018年シーズンからクイックステップ・フロアーズチームに加入しました。

2018年は新チームで、ジロ・デ・イタリアとツアー・オブ・スペインで計7ステージを独占し、マーク・カベンディッシュの記録に並びました。また、ジロではシクラメン・ジャージを着て完走し、その過程でロード・イタリア・チャンピオンの称号を得ることになる。2018年シーズンを通じ、18勝を記録。
2019年シーズンは、ツール・ド・フランスで初のステージ優勝を果たし、ヨーロッパロードチャンピオンの称号を得ました。

2020年には、フランスのチームコフィディスに加入し、注目すべきは、アルケア・サムジックチームに移籍したナセル・ブーハンニの後任となったことです。

プロのロードレースの記録

エリア・ヴィヴィアーニは、プロとして75回以上の勝利を挙げており、ロードレコードは非常に豊富です。彼の主なプロとしての道のりの勝利を以下に紹介します。

2019年ヨーロッパ・ロード・チャンピオン
2018年イタリア・ロード・チャンピオン

2019年にステージ優勝1回。。

イタリアの旅

イタリアの旅

2018年に4回のステージ優勝を果たしました。 2015年のステージ優勝1回。 2018年のポイントランキングで優勝。

スペインの旅

2018年に3回のステージ優勝。。

メイン・ステージ・レース

メイン・ステージ・レース

UAEツアー:ステージ優勝1回(2019年);。 Tirreno-Adriatico:ステージ優勝1回(2019年)。 ツール・ド・スイス:ステージ優勝2回(2019年);。 ツアー・ダウン・アンダー:ステージ優勝2回(2019年、2018年)。 ドバイツアー:ステージ優勝4回(2018年2回、2016年1回、2015年1回)、2018年には総合順位を獲得。 ドバイツアー:ステージ優勝4回(2018年2回、2016年1回、2015年1回)。 ツアー・オブ・アブダビ:ステージ優勝3回(2018年1回、2015年2回);。 Adriatica Ionica Race:ステージ3勝、チームタイムトライアル(2018年);。 ツール・ド・ロマンディ:ステージ優勝1回(2017年、2015年はチームタイムトライアル)。 ツアー・オブ・ブリテン:ステージ優勝5回(2017年1回、2015年3回、2013年1回);。 ツール・オブ・オーストリア:ステージ優勝2回(2017年);。 Route du Sud:ステージ優勝1回(2017年);。 ツール・ド・ポワトゥー・シャラント:ステージ優勝2回(2017年);。 Trois jours de la Panne:ステージ優勝1回(2016年);。 エネコツアー:ステージ優勝1回(2015年);。 ツアー・オブ・ターキー:ステージ優勝3回(2014年2回、2010年1回)、。 国際コッピ&バルタリ週間:ステージ優勝2回(2014年、2012年)、。 ツール・オブ・スロベニア:ステージ優勝2回(2014年、2011年)。 ツアー・オブ・コロラド:ステージ優勝3回(2014年、2011年2回)、。 クリテリウム・デュ・ドーフィネ:ステージ優勝1回(2013年) 。 ツアー・オブ・北京:ステージ優勝2回(2012年、2011年)。

主なワンデーレース

カデル・エヴァンス・グレート・オーシャン・ロード・レース(2019年);。 RideLondon-Surrey Classic(2019年);。 EuroEyes Cyclassics(2019年、2018年、2017年);。 『ブルージュ・ラ・パンヌの3日間』(2018年) ;。 Britain Classic(2017年).。

彼のプロとしての実績

2016年リオ五輪オムニアム優勝

ヨーロッパ・トラック・チャンピオン:

ヨーロッパ・トラック・チャンピオン:

エリミネーション・レース(2019年);。 チーム追求(2018年);。 オムニーム(2015年、2014年) ;。 ポイントレース(2013年、2012年) 。 アメリカ(2013年)、。

イタリア・チャンピオン

オウム(2019年、2014年、2010年、2009年);。 アメリカ(2013年、2012年、2011年、2007年)、。 ポイントレース(2013年、2011年) 。 チーム追求(2013年、2012年、2009年、2008年)、。 Pursuit (2011);。

これで、エリア・ヴィヴィアーニのすべてがわかりましたね。同じことをギョーム・マルタンシモン・ゲシュケにもやってみてはどうだろうか?

ニュースレター

私たちのチームやアスリートのニュースだけでなく、最新のニュースを受け取るためにぜひ購読してください。

メールアドレスが間違っています。 ご確認ください
エラーが生成されます。
このメールアドレスは既に存在します
登録が完了しました。
EKOI CLASSIC でショッピングを続ける EKOI RACINGでお買い物を続ける