actualités

Nairo Quintana nouveau porteur du maillot à pois sur le Tour de France 2021

Avec casque et textile Ekoï

Nairo Quintana a endossé ce soir à Tignes le maillot de meilleur grimpeur du Tour. Au courage, Anthony Delaplace a franchi la ligne d’arrivée, mais malheureusement hors délais. Nairo Quintana "C’est une grande émotion d’avoir endossé ce maillot de meilleur grimpeur, nous avons fait le choix sur ce Tour de ne pas jouer le classement général. Je suis allé dans l’échappée afin de prendre des points pour le classement de la montagne. Je l’ai fait pour l’équipe Arkéa-Samsic, pour mes supporters Colombiens et Français, et toutes les personnes qui supportent mon équipe. Ce maillot a une belle portée dans mon pays mais également en France, je le sais. J’ai été le chercher pour toutes ces personnes, et je vais le défendre bec et ongle. Cela n’a pas été facile, ce maillot ne s’obtient comme cela en claquant des doigts, cela a été une belle lutte en début d’étape entre mes adversaires et moi. Il s’agit d’un maillot distinctif important pour nos partenaires. Je vais continuer à aller de l’avant, lutter avec une énergie positive pour le ramener à Paris, sur les Champs-Élysées, tout en gardant à, l’esprit l’objectif de l’équipe qui est aussi de gagner une étape".
続きを読む

ツアー・オブ・ベルギーでケイレブ・ユアンが2連覇を達成

Ekoï AR14 HelmetとEkoï Premium 80 Gogglesとの組み合わせ。

Scherpenheuvel-Zichemでの勝利の後、Caleb Ewanは再びツアー・オブ・ベルギーを制覇しました。ハモワール地方で行われたクイーンステージは、予想に反してスプリント勝負となった。ロット・ソウダルの完璧なリードアウトの後、最後の直線では無敵の走りを見せ、ブライアン・コカールとダヴィデ・バレリーニに数馬身の差をつけてステージを制した。また、ツアー・オブ・ベルギーのリーダーであるレムコ・エベンポエルが着用していたポイント賞のジャージもユアンが獲得しました。 「正直なところ、今日は優勝を狙ってプレーできるとは思っていませんでした」とケイレブ・ユアンが語り始めた。「一般のライダーがチャンスをつかみ、あちこちでアタックが行われると思っていましたが、そうではありませんでした。ステージ全体を通してテンポが高く、多くのライダーが決勝で何かをしようとする脚力がありませんでした。信じられるようになったのは、最終ラップの初めの方だった。まだ調子が良かったので、そのカードを使うことにしました。だからこそ、集団の先頭に立って、序盤の逃げをコントロールしたのです。チームメイトの頑張りに報いることができて、本当に嬉しいです」 。 ムル・ド・ホイの上りを含む1周目の後、ハモワール地区の30kmのサーキットを2周した後、選手たちを待っていました。ハイテンポで丘陵の多いコースは、ペロトンをかなり飛ばしていました。決勝では何度かトライしたものの、誰もペロトンから抜け出すことができなかった。カレブ・イワンは一時的にトップグループから離脱したが、チームメイトの揺るぎないサポートを頼りに、再びトップに返り咲いた。Lotto Soudalがほぼ完璧なリードを見せた後、Jasper De Buystが理想的な配置をしたCaleb Ewanが再び最速を記録した。デ・バイスト選手は5位に入賞しました。 Caleb Ewan: 「予想通り、今日はタフなステージで、決勝に残れるとは思っていませんでした。最後の登りでやや距離を置いてしまったが、チームメイトが素晴らしい仕事をしてくれた。私を待っていてくれて、フロントに連れてきてくれました。最後には5人になりましたが、すべてがうまくいきました。復帰するのは難しいと思っていたが、チームメイトとの差を縮めるために懸命に戦った。また、リードアウトも非常に印象的でした...」 。 Caleb Ewanは、明日のBeringenでハットトリックにサインする機会があります。ツアー・オブ・ベルギーの最終ステージは、まさにスプリンターたちに約束されたようなものだ。 「明日のステージは勝利へのもう一つのチャンスであり、可能な限り最高の形でレースを終えるために全力を尽くします。これまでのキャリアの中でトリプル契約をしたことはないと思うので、とてもユニークなことだと思います」と26歳のオーストラリア人は語った。
続きを読む

ケイレブ・イワンがツアー・オブ・ベルギーでプロとして50回目の優勝を果たす

Ekoï AR14 HelmetとEkoï Premium 80 Gogglesとの組み合わせ。

ツアー・オブ・ベルギー第3ステージでは、Lotto Soudalの模範的なチームワークにより、Caleb Ewanがスプリント勝負を制しました。シェルペンヒューベル・ジケムのやや上り坂のフィニッシュで、ユアンはチームメイトの素晴らしいリードアウトを受けて、堂々と勝利を収めた。26歳のオーストラリア人選手は、パスカル・アッカーマン選手とマイケル・モルフ選手を抑え、プロとして50回目の優勝を果たしました。 「今日、チームメイトが見せてくれたことにとても感銘を受けました」とケイレブ・イワンが語り始めた。「最後のバンプの前に完璧なポジションを取ってくれて、いつも一緒にいられた。決勝では、トップで走り続け、誰も巻き込むことができませんでした。しかし、最後の数キロは向かい風で簡単ではありませんでした」。 ロット・スーダルをはじめとするスプリンターチームは、ステージのスタートからレースの主導権を握りました。序盤に逃げた5人のライダーは、ペロトンを大きく引き離すことができず、残り数キロのところで捕まってしまった。Scherpenheuvel-Zichemでのやや上り坂のフィニッシュ、チームメイトの模範的なリードアウト、これがカレブ・ユアンにとって必要なことだった。最後の直線で鋭い加速を見せ、チームメイトの仕事を完璧に締めくくった。 Caleb Ewan 「このような強くてスマートなチームメイトがいることは幸運だと思っています。トッシュ・ヴァン・デル・サンデとハリー・スウィーニーをリードアウトに加えたのは正しい判断だった。UAEツアーへの初挑戦を経て、今回が2度目の共演となりました。ジャスパーとクルーゲをサポートするために、この2人のライダーが必要だったと思います。これですべてのピースが揃いました」。 「アルデンヌのステージは有名なテストですが、ほとんどが追加トレーニングだと思っています。日曜日には、また勝利のためにプレーできるようにしたいと思います。このツール・ド・フランスへの準備を、2回目のステージ優勝で締めくくることができたらいいですね。自信はスプリンターにとって最も重要な武器であり、現在の自分のフォームにはとても満足しています。すべてが計画通りに進んでいます。」とケイレブ・ユアンが結論づけた。
続きを読む

アンドレアス・クロンがツール・ド・スイスの第6ステージで優勝

Ekoï GaraのヘルメットとEkoï Premium 80のメガネで

ツール・ド・スイスの第6ステージは、元世界チャンピオンのルイ・コスタがイレギュラーなスプリントで格下げされたため、アンドレアス・クロンに軍配が上がった。コスタは1位でゴールしたが、クロンはすぐに抗議し、コスタが自分のラインを逸脱したためにスプリント勝負ができなかったと判断した。フィニッシュを見た後、審査員は最終的にロット・スーダルの選手に勝利を与えました。 審査員はこの結果に満足していません。 「フィニッシュ時のトラックでの映像も見ましたが、陪審員は正しい判断を下したと思います」とアンドレアス・クロン氏は語り始めた。「スプリントは、右からスタートして、左からゴールしました。誰もが自分が一番強いと思っていた、それが普通だ。通常のスプリントであれば、同点に追いつくことが可能だった。最終的には、私が勝者とされ、私は審査員を信頼しています。とても嬉しいですね」。 アンドレアス・クロン選手は、ワールドツアーでの2回目の優勝となりました。 今回の優勝は、彼にとって初めてのシーズンで2度目のワールドツアー優勝となります。 「これは素晴らしい。年の始まりですね。シーズン初めにそう言われても、おそらく信じられなかったでしょう。ヒルスキとポガチャールも98年生まれですから、私は98年生まれで、とても良い年だったようです。私は彼らについていかなければならない...」。 アンデルマットからディセンティスまでの130kmで行われたツール・ド・スイス第6ステージでは、3つの峠を越えなければなりません。最後の上りでは、ルイ・コスタとヘルマン・ペルンシュタイナーが先頭のデ・ラ・クルスを捕らえた。残り5キロのところで、アンドレアス・クロンが再びレースの先頭に立つことに成功した。 レースの勝敗はスプリントで決まるが、その際、コスタは自分のラインから大きく外れてしまった。 「もちろん自分のためにも嬉しいですが、特にチームメイトのためにも 」とアンドレアス・クロンは締めくくりました。「今回のレースでは、最初の数日間は大いに活躍してくれましたが、昨日は調子が悪くて総合的に落ちてしまいました。彼らに報いることができるのは気分がいいですよ。
続きを読む

Brent Van Moerがクリテリウム・デュ・ドーフィネの第1ステージで優勝

Ekoï GaraのヘルメットとEkoï Premium 70のメガネで

Brent Van Moer氏は、クリテリウム・デュ・ドーフィネの第1ステージでかなりのショーを見せてくれました。23歳のベルギー人ライダーは、最初の数キロで他の3人のライダーと一緒に抜け出し、残り15キロで単独で走り出しました。その後、ロット・ソウダルの選手は、ペロトンの復帰に抵抗し、単独でレースを制した。これがヴァンモーアのプロとしての初勝利であり、見事に勝利を収めたのです。また、クリテリウム・デュ・ドーフィネでは最初のリーダージャージを獲得しました。また、ブレント・ファン・モア選手は、山岳賞、ポイント賞、ベストヤングライダー賞を受賞しました。 「自分でも信じられない。先週のロンデ・ファン・リンブルフでの出来事には本当にがっかりしました。しかし、次の日にはすぐにこのイベントに焦点を戻し、自分が最後までやり遂げたことを見せたいと思いました。このような大きな大会の最初のステージでそれを実現できたことは素晴らしいことです。去年は僕も逃げていたのに、クラッシュで棄権してしまったからね。このイエロージャージを着るのは本当に特別なことです」。 イゾワールでスタートすると、ブレント・ヴァンモア、ギャンパー、ゴーティエ、ガリソンの4人はすぐにアタックを開始。集団の先頭を走るスプリンターたちのペースに押されて、この4人組は大きなリードを得ることができなかった。ギャリソンが最初に脱落し、トップグループは3人になった。今回の第1ステージは、特に丘陵地帯が多いため、選手たちは大きな上り坂に挑戦することになりました。 Brent Van Moer: 「何としても逃げに入りたかったんだ。最初はトップとの差が4つしかないのは残念だと思っていましたが、そのおかげで山岳賞のポイントを獲得することができ、表彰台を確保することができました。多少のプレッシャーはありましたが、もっと良い結果を出す方法があると思いました。" チーム・イネオスが転がり始め、残り15kmでペロトンが1'30'に迫ったとき、ヴァンモーアは運を試すときが来たと感じた。23歳のベルギー人は、逃げていた仲間を落とし、単独での勝利を目指した。使命を果たしたヴァンモーアは、ペロトンの巻き返しに耐え、プロとしての初勝利を獲得した。ヴァンモーアはリーダージャージに加え、山岳賞、ポイント賞、ベストヤングライダー賞を獲得しました。 「フォローカーでは、最後の登りで頑張れと言われました。50秒のリードで山頂を通過したときには、ステージ優勝の可能性があることを理解しました。しかし、最後の3キロで初めて、自分がレースに勝ったことを実感しました。私たちのオフェンススタイルが遠くまで行けることをチームが示したと思います。私たちは本物のチームです。リーダージャージに関しては、慎重になりたいと思っています。ドーフィネは難しい戦いになると思いますが、トップの座を守れるかどうか、一日一日を大切にしていきたいと思います。しかし、私は戦うつもりですし、どこまでやれるか見てみましょう」と、ブレント・ファン・モアは締めくくりました。
続きを読む

Victoire de Valentine Fortin sur la première manche de coupe de France

A l'issue d'une magnifique course d'équipe, Valentine Fortin s'est imposée au Sprint, face notamment à des représentantes de toutes les équipes Pros Femmes. L'équipe St Michel Auber93 prend la tête de la Coupe de France Femmes.
続きを読む

Victoire de Guillaume Martin sur la Mercan’Tour Classic Alpes-Maritimes

Avec Casque Ekoï AR14 et Lunettes Ekoï Twenty

À l’issue d’une course maîtrisée de bout en bout par toute l’équipe, Guillaume Martin s’est imposé en solitaire à l’issue de la 1ère édition de la Mercan’Tour Classic Alpes-Maritimes. Il s’agit de sa 1ère victoire sous les couleurs de Cofidis, la 6e de la saison pour la formation nordiste. Cela fait partie de ces grandes émotions qui donnent un sens à l’engagement, à l’abnégation et au travail collectif. Ce lundi après-midi, Guillaume Martin s’est imposé en solitaire à l’issue de la première édition de la Mercan’Tour Classic Alpes-Maritimes. Parti favori, le leader de l’équipe Cofidis a bénéficié d’un sacré travail de ses coéquipiers, tout au long de la journée.  À 30 km de l’arrivée, Anthony Perez, très en forme est parvenu à sortir du peloton avec un autre coureur. Alors que l’écart était d’une minute, plusieurs coureurs ont contre-attaqué, dont Guillaume Martin. Dans l’ascension finale, Anthony Perez a fait un travail précieux pour épauler son leader. Le Normand a porté une attaque à 6 km de l’arrivée et n’a plus jamais été rejoint par ses poursuivants. Il franchit finalement la ligne avec 1 min 42 sec d’avance sur Aurélien Paret-Peintre. Anthony Perez, lui, termine 4e de la course.
続きを読む

ジロ・デ・イタリア第15ステージで優勝したビクター・カンペナールツ選手

ヘルメット付き Ekoï AR14

Victor Campenaertsは、Qhubeka ASSOSチームの一員として、ゴリツィアで行われた第15ステージで見事に3勝目を挙げました。 チームメイトのマウロ・シュミットとジャコモ・ニッツォーロは、それぞれ第11ステージ、第13ステージで優勝しています。 すでにジロ・デ・イタリア史上最高の成績を収めているQhubeka ASSOSチームは、成功を追い続けるという明確な意思を持って、147kmの第15ステージをスタートしました。スタート直後、カンペナエルツとチームメイトのマックス・ウォルシャイトが最初にアタックした。最初のギャップを得た後、マウロ・シュミットを含むペロトンの大規模なクラッシュにより、レースは中断されました。彼は続行できましたが、右脇腹に複数の傷を負っていました。 レースは終わりませんでした。 幸いなことに、クラッシュしたライダーのほとんどは大きな怪我もなく、続行することができました。2回目のレース再開時には、再びカンペナエルツとウォルシャイトが最初にアタックをかけた。 しかし今回は、Qhubeka ASSOSの3人目のライダーであるLukasz Wisniowskiが先頭グループに割り込んできた。 15人のライダーがペロトンを抜け出し、すぐにレースのリードを築きました。Qhubeka ASSOSは3人のライダーがリードしており、有利な立場にあった。 。 レースがフィナーレに近づくにつれ、ワルシャイト、ウィスニウスキー、カンペナエルツの3選手がアタックをかけ始めた。このグループにはクライマーとスプリンターが混在しており、おそらくQhubeka ASSOSの3選手よりも先に勝利を手にすることができるだろう。 しかしながら、この日一番の強みはチームワークであり、UCIアワーレコードホルダーのアルベルト・トーレス(モビスター)とオスカー・リーセベーク(アルペシン・フェニックス)の2人と残り23kmで抜け出すことができました。 カンペナエルツとリーセベークは、雨が降りしきる中、最後の上りでトーレスをなんとか振り切り、ラスト1kmでさらなるドラマを生み出した。登りきったところで2人は15秒の差を保ち、お互いにアタックし合う場面もありましたが、2人でのスプリント勝負でステージを決めました。 カンペナエルツ選手は、脚力を生かして見事な勝利を収め、自身初のグランツール・ステージ優勝を果たしました。
続きを読む

アントニオ・ヘスス・ソトがムルシアラウンドで優勝

ヘルメットとEkoïグラス付き

アントニオ・ヘスス・ソト選手がツアー・オブ・ムルシアを単独で制覇するなど、素晴らしい活躍を見せました。 「エウスカルテル・エウスカディ」チームのスペイン人ライダーは、序盤の逃げに加わっていたにもかかわらず、勝利を手にすることができました。残り23kmで一人になった彼は、最後まで諦めずに頑張りました。 26歳にしてプロとしての初優勝を果たしました。
続きを読む

ジロ・デ・イタリア第13ステージでジャコモ・ニッツォーロが優勝

ヘルメット付き Ekoï AR14

ジロ・デ・イタリア第13ステージでは、ジャコモ・ニッツォーロ選手がスプリント勝負を制し、自身初のグランツール・ステージ優勝を果たしました。Qhubeka ASSOSチームのスプリンターは、ヴェローナでトップの座を獲得し、これまで19回の表彰台を獲得してきたが、その記録を更新した。 ラヴェンナをスタートしたステージは、ほぼ平坦な198kmのコースで、ヴェローナでの集団スプリントでゴールしました。イタリアとヨーロッパのチャンピオンであるニッツォーロは、今年のジロ・デ・イタリアですでに2回の2位を獲得しており、今回も負けられないと意気込んでいました。 QMTチームは、多くのことを提供してくれました。 Qhubeka ASSOSチームは、最後の10kmでペロトンの手綱を取り、ニッツォーロを先頭に立たせ、厳しい最終kmで危険を回避しました。チーム一丸となった努力が、ニッツォーロに勝利をもたらすことになったのです。 ジロ・デ・イタリア第11ステージでのマウロ・シュミット選手の快挙に続き、Qhubeka ASSOSチームは今回のジロで2回目のステージ優勝を果たしました。また、マックス・ワルシャイトとビクター・カンペナールツがステージでトップ10入りを果たし、ニッツォーロが開幕週に "Maglia Ciclamino "を着用するなど、Qhubeka ASSOSチームにとって最も成功したジロ・デ・イタリアであることは間違いありません。
続きを読む

Mauro Schmid a remporté la 11e étape du Giro d'Italia

avec casque EKOI GARA

Le Suisse Mauro Schmid (Team Qhubeka-Assos) a remporté la 11e étape du Giro, mercredi, sur un parcours qui ressemblait fortement à une course qui attire de plus en plus chaque année, les Strade Bianche, du fait de chemins de terre, sinueux, que les coureurs empruntent. Une première victoire chez les pros, obtenue après avoir éliminé les uns après les autres des compagnons d’échappée
続きを読む

Connor Swift remporte le TRO BRO LEON 2021

avec casque EKOI GARA et Tenue EKOI ARKEA SAMSIC

Connor Swift de l’Equipe Arkéa Samsic s’impose sur le Teo Bro Léon, et une seconde place pour Piet Allegaert du Team Cofidis... tous 2 avec casques EKOI.
続きを読む

Jesús Herrada López s’impose sur le challenge de Majorque

avec casque EKOI GARA

Le grimpeur de la formation Cofidis s’est imposé au forceps ce vendredi à Majorque à l’issue de 158,6 km particulièrement intense. Il s’agit de sa 1ère victoire de la saison, la 16e de sa carrière et la 4e de l’équipe en 2021 Il a fallu s’accrocher jusqu’au bout. Mais dans les derniers mètres d’une course intense, Jesús Herrada est parvenu à prendre le meilleur sur Jonathan Iastra, dans les rues de Deia, et à s’imposer avec brio. Tout au long des 158,6 km favorables aux grimpeurs, l’équipe Cofidis s’est employée pour son leader.
続きを読む

Victoire de Winner Anacona au sommet du Mirador de Colomer

avec casque EKOI GARA et Tenue EKOI ARKEA SAMSIC

Winner Anacona est allé chercher au sommet du Mirado d’es Colomer le quatrième succès 2021 de l’équipe Arkéa-Samsic.
続きを読む

Victor Lafay rempote la 8ème étape du GIRO 2021

avec casque EKOI GARA

À 25 ans, le coureur français s’est imposé en solitaire ce samedi lors de la 8e étape du Giro. Il réalise ainsi la plus belle performance de sa carrière, sa première victoire chez les professionnels. L’équipe Cofidis poursuit ainsi son incroyable série avec une troisième victoire en trois jours ! Il a savouré. Dans la dernière ligne droite de Guardia Sanframondi, Victor Lafay a déboulé seul. Il a pris le temps de refermer son maillot Cofidis, a levé les bras et dévoilé son visage éblouissant. L’assurance de vivre un moment unique, un rêve pour tous les coureurs professionnels : s’imposer sur les routes d’un grand Tour. 
続きを読む

Caleb EWAN s'impose une seconde fois sur le GIRO 2021

avec casque EKOIAR14 et lunettes PREMIUM 70

Ewan s’est montré le plus rapide et a ainsi décroché un deuxième succès dans ce Giro. Deux jours après sa victoire à Cattolica, le coureur de Lotto Soudal Caleb Ewan s’est à nouveau imposé dans ce Tour d’Italie. Au terme d’un sprint technique à Termoli et après un travail titanesque de Jasper De Buyst, Ewan s’est montré le plus rapide et a ainsi décroché un deuxième succès dans ce Giro. L’Australien compte à présent onze victoires d’étapes dans un Grand Tour. 
続きを読む

Victoire de Christophe LAPORTE sur le circuit de Wallonie

avec casque EKOI AR14 et lunettes PREMIUM 80

Cette 55e édition du Circuit de Wallonie, une longue boucle autour de Mont-sur-Marchienne, s’annonçait particulièrement disputée. Tout au long de la journée, l’équipe Cofidis s’est montrée attentive afin d’en contrôler le scénario. Objectif : s’assurer que la course s’achève par un sprint massif afin que Christophe Laporte puisse tenter sa chance.  Après avoir bénéficié du travail précieux de l’ensemble de ses coéquipiers, le sprinteur varois est parvenu à prendre le meilleur sur ses adversaires dans les derniers mètres. Il s’agit de son 2e succès de la saison, le 3e de l’équipe Cofidis en 2021.
続きを読む

3 premières places pour EKOI sur la 5ème étape du GIRO

casque EKOI AR14 / AR15 et lunettes PREMIUM 80

Quatrième victoire d’étape de sa carrière sur le Giro pour Caleb Ewan, qui remporte la 5ème étape de l'édition 2021. Caleb Ewan a remporté la cinquième étape du Tour d’Italie grâce à un sprint tout en puissance. Au terme de cette étape promise aux sprinteurs, l’Australien de 26 ans s’est imposé devant les Italiens Nizzolo et Viviani. Caleb Ewan décroche ainsi la quatrième victoire d’étape de sa carrière sur le Giro, quatre ans jour pour jour après son tout premier succès dans le Tour d’Italie.
続きを読む

Coupe du Monde (Albstadt) :Victor Koretzky vainqueur et leader du général

Avec Textile, casques et lunettes Ekoï

Victor Koretzky : "Je ne réalise pas" "Après ma deuxième place vendredi sur le XCC, je savais que la forme était là. Malgré tout, je n’avais pas forcément des grandes sensations lors de l’échauffement. Je ne réalise pas ce qui m’arrive aujourd’hui (Note : aucun Français ne s’était imposé en Coupe du Monde depuis 2016). Je gagne devant Nino qui est une légende de notre sport, c’est fou. Je suis resté bien concentré durant toute la journée et j’ai réussi à prendre les devants en fin de course. J’avais opté pour mon Orbea Alma, semi-rigide, et c’était la meilleure option possible. Je vais prendre le départ de la Coupe du Monde de Nove Mesto avec le maillot de leader de la Coupe du Monde, c’est incroyable. Je réalise aussi aujourd’hui les critères pour les Jeux Olympiques, c’est une fierté."
続きを読む

Giro 2021 // Étape 2 : Giacomo Nizzolo et Elia Viviani respectivement 2e et 3e.

Avec casques et lunettes Ekoï

Les équipes Qhubeka Assos et Cofidis se sont employés en faisant partie des grands animateurs du dénouement de cette 2e étape. En terminant 2e et 3e, Giacomo Nizzolo et Elia Viviani démontrent leur bon état de forme!
続きを読む
NEXT

ニュースレター

私たちのチームやアスリートのニュースだけでなく、最新のニュースを受け取るためにぜひ購読してください。

メールアドレスが間違っています。 ご確認ください
Une erreur s'est produite.
このメールアドレスは既に存在します
登録が完了しました。
EKOI CLASSIC でショッピングを続ける EKOI RACINGでお買い物を続ける